故人の希望に合った葬儀スタイル【ベスト供養セレクション】

お墓参り

葬式の生前相談

線香

自分で決める方法

死んでしまえばもう何もわからなくなってしまいますので、残された人にとって都合のよい形で葬式を営んでもらえれば十分だと考える人がいる一方で、自分のポリシーに合わない形の葬式はして欲しくないと考える人もいます。とはいえ、死んでしまえば、自分で動いたり話をしたりすることはできません。そのため、故人の意に沿わない形で葬式が営まれてしまうケースがしばしばあります。自分が死んだ後で行われる葬式を自分らしいものにしたいと希望している人は、宮前区にある葬儀業者に相談してみるとよいです。実は、宮前区には葬儀の生前相談に対応している業者がいます。宮前区以外の場所に住んでいる人でも相談にのってもらえるようになっていますので、自分らしい葬儀を希望している人は、宮前区の葬儀業者に相談してみることをおすすめします。

注意する点

自分で葬儀業者の店舗へ行って、生前に自分自身で葬式の仮契約を結んでいたとしても、亡くなった後でその希望が叶えられないというケースがよくあります。なぜそうなってしまうのかというと、遺族が故人の意思を全く知らないことが多いためです。今は病院で亡くなる人が多くなっていますが、病院の霊安室を長時間使わせてもらうことはできません。なるべく早く遺体を搬出するように病院から求められてしまうため、病院と提携している葬儀業者と契約を結ぶケースが多いです。そのような事態を避けたいのであれば、生きているうちに、自分が特定の葬儀業者と仮契約を結んでいることを、家族や周囲の人にキチンと伝えておく必要があります。人が亡くなった直後はバタバタしますので、そのようにしておかないと、自分の希望を実現することが叶わなくなってしまいます。

故人の所有物を整理する

ダンボール

遺品整理の対象となる故人が、生涯独身でいたために整理を行える人がいない場合に親族が依頼するケースが多い傾向にあります。それは、故人も依頼主も高齢で作業が難しいといった背景があります。大阪では遠方に住んでいて遺品整理に立ち会えない場合でも、対応してくれる業者があります。

View Detail

遺品の片付け

整頓

遺品整理業者が登場してくるようになったのは10年ほど前からですが、誰でも簡単に開業することができるため、東京には星の数ほど遺品整理業者が存在しています。ただし、業者の質はピンからキリまでとなっていますので、利用する際には注意する必要があります。

View Detail

マナーや規則

ろうそく

葬儀のやり方などは、昔と比べて随分と変わっています。基本的には自宅や集会所等でしていた葬儀も、葬儀業者のスペースで行われることが多くなっています。川口でも、業者がたくさんいますので、安心して頼めるところを選ぶと良いでしょう。

View Detail